採用支援 新規営業

岡本

Question01

HRSへの入社動機は?

一般に、企業にとって重要な経営資源として、ヒト(人材)・モノ(設備や資材)・カネ(資本)が列挙されますが、私はこの中で断然、「ヒト」が重要だと考えています。理由は、前職の金融機関の内部や多くの訪問先をつぶさに見てきて、優秀な「ヒト」に「モノ」と「カネ」がついてくることを幾度も目の当たりにしたからです。
そんな私ですから、より優秀な人員を確保する必要のある企業に対して、独自サービスの提供を通して強力に支援しているHRSの理念に大きく共鳴したのです。一方で、業界No.1の企業に勤め、No.1であるが故のその他大多数の企業との考え方の違いを知りたかったこともありました。採用に関わる業務や業界No.1の企業は、これまでのキャリアで初めてでしたが、一貫して知名度のない企業で無形商材の法人営業に携わり、競争力の強くない商材を扱ったタフな経験が強みになると思い、入社しました。

Question02

現在の仕事内容は?

中堅から大手まで多様な企業へ、採用と雇用について幅広くご提案する新規営業職です。“優秀な人材を確保するためには有料求人媒体の活用が不可欠”という認識が根強い中、コストを大幅に削減しつつ採用効率を上げられるという、経営に直接インパクトのある提案を行っているので、経営者を相手に商談することも多いです。
中でも、業界トップ企業の経営者層にお会いできることは非常に刺激になります。採用活動とは、単に採用手法や数の問題ではなく、経営戦略から見るものだという視点を、いつも再確認させてもらいます。
効果を出せば日本の採用を変えられると実感できるところが、この仕事の醍醐味です。また、複数社を取りまとめる組織・団体に対して業界特化型の求人ポータルサイトを提案することもあります。業界でまとまり、訴求力のある規模を持つことで、求職者に強くアピールする施策です。

Question03

HRSでやりたいこと、実現したいこと、夢!

HRSが提供するATS領域の様々なサービスを導入いただく企業を増やし、高効率・低コストかつ経営戦略を確実に捉えた採用基盤を提供することで、日本の採用を大きく変えていく。それが私のリアルな目標です。
もはや夢の段階を過ぎたと感じるのは、実際に取引先企業で大幅に採用実績が上がったケースが増えていますし、その結果としてお客様企業の採用に対する考え方が大きく前進していると肌で実感しているからです。一例を挙げれば、一般的に知名度の高くないある物流のお客様が、従来は採用広告のコスト高に悩まされていたのですが、私たちの提案で採用構造を劇的に変えられ、毎月一定数の応募を確保されました。このような成功例が続々と出てきているのです。
日本の採用の変革はこれからが本番。この事業の意義や面白さを後輩たちに伝え、HRSの事業をより広範囲に展開していきたいと思っています。

ENTRYエントリー 外部リンクエントリー 外部リンク