エンジニア

甲斐

Question01

HRSへの入社動機は?

システムエンジニアならば誰もが、自分たちの主導でソフトウェアを開発し、自分たちのサービスで世の中に貢献したいと、一度は思うのではないでしょうか。
前職で、顧客のサービスを実現するシステムを受託開発していた私は、ある日初心に帰り、サービスの企画段階から携われる、自社サービスを提供する企業への転職を考えました。
数ある自社サービス開発企業からHRSを選んだのは、ハイソル・リクオプ・リクログに、社会に大きく貢献していける発展可能性を感じたから。転職活動をするまでATSという言葉さえも知らなかったのですが、知れば知るほど、企業の経営活動の重要課題の一つである採用領域で、ITのできることがまだまだたくさんあると見えてきたのです。
実際に当社は、売上高、従業員数ともに急激に伸びている真っ最中。急成長に沸騰する環境の中で、たくさんの刺激を受けられるはずだと考えました。

Question02

現在の仕事内容は?

入社後はシステムエンジニアとして、ハイソル・リクオプの新機能の企画と開発を担当。主に、他のサービスやテクノロジーとHR分野を掛け合わせた機能を実現させています。
既に世の中にあるサービスやテクノロジーをハイソル・リクオプに取り込むことで、どんな新しいソリューションを生み出せるのか、そんな化学反応を考えるのは、どきどきするような面白さがあります。
例えば、最近ではリクオプのSMSの実装を主担当で進めました。サービスをお客様に展開する前に、社内への機能概要や活用シーン、導入方法などの説明が大変でしたが、その分、リリースが完了した際は今までにないような達成感を味わえました。
前職と違いリリース後も今後の展開に向けて利用状況の把握や効果測定を行っています。自分たちで生み出したサービスですから愛着が強く、その後の成長にも責任とやりがいがあるのです。

Question03

HRSでやりたいこと、実現したいこと、夢!

ATS分野でリーディングカンパニーであり続けることです。今後もコンペティターに先駆けて、機能やソリューション・サービスの開発にチャレンジし、お客様、そして世の中へ新しい価値を創造し、いつまでもATS分野におけるトップランナーでありたいです。
この先も、HR業界の常識を塗り替えるような画期的、革新的なITサービスやソリューションを、私たちの手によって次々と生み出していけるはずです。
個人的にですが、HRSより技術力や開発力、企画力に長けているコンペティターは、世の中に多く存在すると思っています。HRSがそのコンペティターの先駆けの存在であり続けられるのは、日本の採用コストを下げようとする圧倒的な目標達成意欲があるからです。さらには、イノベーションへ抵抗がないことが大きなアドバンテージになっていると感じます。

ENTRYエントリー 外部リンクエントリー 外部リンク